東京一栄える中野のピンサロ

By | 2015年2月18日

東京一栄える中野のピンサロ
ピンサロは昭和を代表する風俗であったが、
1960年頃に誕生したといわれている。
ピンサロとはピンクサロンの略である。
キャバレーのように女性が客をもてなしながら
酒を飲ませたり性的サービスまで行う。
店内はナイトクラブのように暗く女性の顔が分かりにくいため
年配の女性が多かった。
おしぼりでペニスを拭いてからフェラチオが始まり
射精後もおしぼりで拭かれるだけでシャワーなどはない。
女性は一日中客をもてなしながらひたすらフェラをするため
非常に過酷な労働であるといえる。
けれど近年では風俗の中においては
ピンサロは安定して稼げることができるため
若い女性も多く働いている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です